秋の予選 第3戦

SCOREBOARD

チーム名
Team BMT 0 0 0 0 0 2 3 5 8
ちり 1 0 0 0 0 0 0 1
試合の名称秋の予選 第3戦
対戦日2013/09/07-2
グラウンド江北橋右岸B面
対戦チーム名ちり
試合結果5-1 勝ち
試合メモ【コメント】
2試合目の先発は、豊島。いつも通りの力を出せば、勝てるだろうという甘い気持ちで臨んだ・・・

1回表 きれいに三者凡退

1回裏 内野エラーから、ランナーを出すと2本のヒットで、先取点を奪われる

2回表 4番高澤がレフト前ヒットで出塁、1死から6番高澤Jrがライトオーバーのエンタイトルツーベースで出塁し、一打逆転のチャンス!しかし、後続が倒れる。

2回以降、豊島は完ぺきにちり打線を抑えながらチームの援護を待つが、打線は沈黙状態、空気も重々しい雰囲気のまま5回まで終わる。

6回表 キャプテン窪田の号令のもと、エンジンを組み、気合入れ直し。すると1死後、男気1番長谷川が左中間へのツーベースを放ち、同点のチャンス。
2番荒木は、ファースト前の小フライであったが、これをファーストがポロリで1死1.3塁。
期待がかかった3番宮内は、セカンドへのゴロだったが、サードランナー長谷川は、躊躇なくホームへ突入。それを見て焦ったセカンドがエラーをし、ようやく追いつく。
更に3塁まで進んだ荒木も、内野の悪送球を誘うプレイで、ホームに帰り、逆転となる。

7回表 更に追加点のほしい所で先頭6番高澤Jrが、ショート内野安打で出塁するとすかさず盗塁を決め、無死2塁のチャンス!
ここで、7番窪田は、最近の無残な体型から、守備でもバッティングでもイマイチであったので誰も期待しなかったが、久し振りに見せてくれました~レフトオーバーのツーベースを放ち、貴重な追加点を奪う。
既に押せ押せ状態の中で、更に9番宇内は、右中間エンタイトルツーベース、1番長谷川もセンター前ヒットで続き、最終回にダメ押しとなる3点を追加する。

7回裏 豊島は1人ランナーを出すも、最後のバッターを三振に取り、予選2勝目となった。


5回まで、非常に嫌な流れだったので、勝ててほっとした1戦であった。
次回は、21日にダブルヘッダーですが、連勝で予選通過を確実なものに
したいです。

【MVP】
豊島 打線が沈黙する中、踏ん張ってくれました
長谷川 4打数2安打と活躍 6回表のバッティングと走塁はお見事でした。

豊島投手 2勝 1失点
投手
豊島71
打順 守備 打者
18長谷川421
27荒木401
39宮内30
4DH高澤31
54小澤30
63高澤Jr32
76窪田2111
83上内201
92宇内211
101豊島31

コメント