秋の準々決勝

SCOREBOARD

チーム名
BULL 0 0 0 0 0 0 0 0
BMT 0 3 0 0 5 0 X 8
試合の名称秋の準々決勝
対戦日2010/12/04
グラウンド谷中野球場 A
対戦チーム名BULLDOGS
試合結果0-8 勝ち
試合メモ勝利投手 豊島
本塁打 金子 1号
投手
豊島750
打順 守備 打者
18長谷川40
29荒木101
36窪田31
43311
5DH高澤311
65金子21311
74上内3111
87宮内31
92古川3111
101豊島301
9高橋101

コメント

めちゃめちゃよい天気に恵まれ、絶好の野球日和の中、遂に準々
決勝 
相手は、「BULLDOGS」さん
相手チームの試合前のただならぬ空気に少し嫌な予感がする中、午後2時に試合が始まりました。

先行は、BULLさん
いきなり先頭の広井選手にきれいにライト前ヒットを打たれる。
足の速い選手ということもあり、バッテリー警戒の中、走ってきましたが、古川捕手のストライク送球で、間一髪でタッチアウト!
続く2番伊部選手には、今度はレフト前ヒット。2死から4番朝日選手登場。怖いホームランバッター・・・
いきなり初球を左中間へ打たれ、これが2塁打となり、2死2.3塁のピーンチ。
しかし、続く5番打者をピッチャーゴロに抑え、ピンチを切り抜けた。ヒット3本で無失点に抑えたのは、大きかった!

2回裏 BMTの攻撃
5番高澤選手がエラーで出塁、6番金子選手が四球を選び、無死1.2塁。 
6番上内選手の登場。サインは送りバント。しかし、2球目をファールで失敗。これを見た郡司監督が変更で強打のサイン!それでも、送りバントの構えで相手内野陣を誘いだし、前にきたところへバスター!打った打球は、ライナーできれいにレフト線へ~。これが2塁打となり、貴重な先取点を奪う。
1死後、9番古川選手のレフト前ヒットで2点目。
10番豊島選手はセカンドゴロ、思いきってランナー上内選手がホームへ突っ込み、これがセーフ! 3点目を奪う。

3回表 BULLさんの攻撃
1死から、1番広井選手に今度は、2本目となるセンター前ヒットを打たれる。 くるぞ、盗塁!という中、豊島選手の見事な牽制で、一塁アウト!
これも助かったプレイでした。

4回表 BULLさんの攻撃
1死から、4番朝日選手。2本目となるお見事なライト前ヒットを打たれるが、後続を抑え、無失点。

5回裏 BMTの攻撃。
1番長谷川選手からということもあり、そろそろ追加点が欲しいところ。その期待に応え、うまくライト前ヒ~ット
が、なんとライトが突っ込んできて、1塁へストライク返球。アウトとなる・・・ 彼の足でアウトなら、我々の選手は全員アウトになるので、アンラッキー・・
このまま終わると思われたが、5回から出場している2番高橋選手が四球を選び、3番窪田選手は、強いごろで三遊間を抜けるレフト前ヒット!
と思いきやなんとショートが捕球。あれを捕る?と思ったが、ファーストには投げられず、1死1.2塁の追加点のチャンス!

続くは、4番柳選手!カウント0-3からのストライクを取りにきた甘いボールを強振すると打球は、レフトへ~。ライナーでフェンスに当たり、2塁高橋選手がホームへ帰ってきて、貴重な4点目。当りが強すぎて、柳選手は1塁ストップ。
そして5番高澤選手。調子悪いのでどうかな~とベンチで選手が見守る中、久し振りに見ました~、センターオーバーとなるセンターオーバーヒ~ット。これで5点目となる。
* このグランドは、センターからレフトのネットが非常に高いがグランドが狭いので、外野オーバーは全てシングルヒットになるんです。

更に6番金子選手。既に押せ押せ状態にある選手の中で、いつも寡黙で口少ない金子選手。余りめだたないが、打撃は良いんです!
そして、やってくれました~ 高いネットを超えるレフトオーバーのスリーランホームランを打ち、ほぼ試合を決めてくれました。

5回以降は、豊島選手がノーヒットピッチングで0点に抑え、ベスト4進出となりました。

振り返るとポイントは、BULLさんの初回の攻撃を0点乗り切ったことでしょう。
あそこで、先取点を奪われていたら、どんな展開になってことやら・・

MVPは、先取点となる2塁打を打った上内選手!
と言いたいところだが、
古川選手!
初回の盗塁阻止と2点目となるレフト前ヒットと攻守に渡る活躍が光りました。

次は、準決勝!
対戦チームは、「モンスターズ」さん
過去3勝2敗でなんとか勝ち越し中
非常に粘っこい野球をやってくるチームであり、スモール野球も
やりながら、でかいのもありというバランスのとれたチームという印象。
正直、苦手なチームです。

勝っても負けても、3位決定戦まであるので、ダブルヘッダーです。
ここまできてのダブルヘッダーは、非常にタフとなるのですが、BMTの一番の売である「声出し」と「チームワーク」で、全力で望みます!!